スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーガニックカフェめぐり。

2005/12/29 Thu

実家と地方を行ったりきたりしているさなか、勉強と趣味を兼ねてみっちゅうとオーガニックカフェめぐりをしています。

まず最初は、マクロビオティックのカリスマ、久志道夫のお店
「クシガーデン」


場所は竹橋の毎日新聞社のビルの中。
お店の中には、きれいに彩られたケーキたちがなんともおいしそうです。
私たちは、トマトソースとひき肉もどきのグルテンであえた全粒粉でできたパスタを注文。パスタには豆乳でできたスープ付き。

そしてデザート。みっちゅうはイチゴのムースのケーキ。そして私は木の実のタルト。20051220185923.jpg
材料はたしか全粒粉、なたね油、豆乳、葛粉、米飴、メープルシロップ、などなどです。
すべて砂糖や乳製品も卵も使わず、カラダに良い素材のみでできた芸術品のよう。ここまでやるかと圧倒されます。もちろんトビキリの美味しさ!


次はオーガニックカフェ三昧の一日。

お昼はインドで出会った自然食好きの友達と4人で、「つぶつぶカフェ」へ。
雑穀を「つぶつぶ」と呼び、「つぶつぶ」を旬の野菜、海藻、乾物を使い、塩で味付けした料理を「未来食」と名づけ、その魅力をさまざまな形で精力的にアピールしている雑穀料理の大谷ゆみこさんのお店。

卵、牛乳など動物性のものを一切使わず、デザートには砂糖もメープルシロップも使っていないのに絶妙な美味しさを出し、見た目もそれはバラエティー豊かなものばかり。
私が注文したのは、もちアワのクリームグラタン。
モチアワがまるでチーズのようなクリーミーさでトローリチーズみたいでした。
あとはタンポポの根でできたタンポポコーヒーとヒエのカスタードアップルパイ。
雑穀のヒエがカスタードクリームに見事変身してこれまたびっくりのおいしさ。
ここまでやるともう神わざの域に達しているじゃないかってくらいです。
二階には自然食品のお店があります。


そして、次はお茶をしに、青山の「クレヨンハウス」へ。

1F子どもの本の専門店『クレヨンハウス』
2F おもちゃの専門店『クーヨンマーケット』
3F 女性の本の専門店『ミズ・クレヨンハウス』
B1F 自然食の八百屋『野菜市場』
オーガニックレストラン『HOME』(洋食)
オーガニックレストラン『広場』(和食)

すべてがオーガニック系のものばかりを扱っているお店で、あれもこれも欲しくなってしまい大変です。


そして夜は、インドのマザーハウスでボランティアしていたメンバーと「自然派インド料理 ナタラジ」に行きました。
肉類は一切使わず、多い時には30種類でつくるというカレーは野菜や豆類がタップリ!
野菜は山梨にある自家農園で収穫された無農薬有機栽培のものをメインに使っているということです。
懐かしのインドの味そのままでした。



あと最近行ったオーガニックカフェの情報です。

埼玉県の奥地高麗にある「アリサンカフェ」
パーマカルチャーのイベントがあったので行ってきました。
ここは周りに自然がいっぱいのオーガニックカフェ。
自然食品店もあり、二階ではさまざまなイベントが行われています。
雰囲気はとっても良いです。
オーナーは白人で奥さんはたしか台湾人で、カフェには外人さんがたくさん来ています。


もうひとつ。府中にある「カフェスロー」。
ここもけっこう有名。エコロジカルの発信地のような場所で、様々なイベントが行われています。ここの本も出版されてます。
店内にはフェアトレードの商品や自然食も並んでます。20051229135221.jpg




どこのオーガニックカフェも雰囲気は、ゆったりピースフル感で溢れています。
そして共通しているのは、カラダに良い素材をふんだんに使っているので、めちゃくちゃ美味しい。
さらに作っている人の本気度が伝わってくる見た目の美しさと繊細さ。

私たちがオーガニックフードが好きなのはカラダに良いから、というう単純な理由だけじゃなくて、むしろ「本物のウマさ」を味わいたいから。

そして同時に、添加物でごまかされたウマさじゃなくて、素材その物の生きたウマさを感じられるような舌も鍛えているのであります。


* クシガーデン http://www.kushi-garden.com/

* つぶつぶカフェ http://www.ilfa.org/cafe/index.html 

* クレヨンハウスhttp://www.crayonhouse.co.jp/home/index.html
 
* 自然派インド料理ナタラジ http://www.nataraj.co.jp/jp/

* カフェスロー http://www.cafeslow.com/



* アリサンオーガニックカフェ http://www.alishan-organic-center.com/jp/

* 久志道夫ホームページ(マクロビオティックについても載っています)
http://www.wing.ne.jp/pub/kushi/


パーマカルチャーについてのホームページ
http://www.pccj.net/

フェアトレードについてのホームページhttp://www.fairtradecenter.org/


スポンサーサイト

野外タイマッサージ屋さん。

2005/12/20 Tue

20051030145402.jpg

20051030145041[1].jpg



インドを出たあと、タイでマッサージを習ってきました。
みっちゅうはタイマッサージ、そして私は足裏マッサージ。

もう半年も前の思い出話ですが、今年の6月に帰国してすぐにフリーマーケットで野外タイマッサージ屋さんを開こうとヒラメキました。
マッサージも習得してから日の浅い私たちだったけど、ためらっているよりいざ行動!の信条の元にやってみることにしました。

まず最初は日曜日の井の頭公園。
朝早くに行ったのに、公園の通路にはギッシリと物を売る人たちが場所を取っていて、あららもうスペースがない・・・?!
仕方なく薄暗い角の場所をようやくキープし、準備を始めました。
しかし、まわりを見てみると旅人のニオイのプンプンする人がなんと多いことか。
旅で買ってきた雑貨を売っては、また旅に出るという自由気ままな人たち。あとは外人さんもけっこういる。そして絵を描いて売っている人に、手作りの雑貨を売っている人に音楽をやる人に、本当に様々だ。
しかしこの自由な空気には旅をしているときと同じ開放感を感じる。

私たちはマッサージ屋とインドとタイで買ってきた雑貨を売ることに。
今回の旅ではかなり本気でいろんな雑貨を見回って選んで買ってきた。お店で値段がついていないアジアで物を買うための値段交渉はけっこう大変。得にインド人は以上に高い値段でしつこく売ってこようとするので戦いの日々だった。
タイでは手織り草木染めなどのけっこう質の良い布や、自然素材のものも買ってきた。

午後から人通りが増えて初のお客さんが来たかと思うと、次から次へとお客さんが来てくれて予約まで入り絶好調!
私は腕の方はまだ初心者、だからその分お客さんとのコミュニケーションでカバーしようと思った。

でも不思議。マッサージをやっていると疲れるどころか、こっちがすごーく幸せな気分になって、自分のからだにパワーがみなぎってくるのがわかる。
そしていろいろなお客さんと話をするのが本当に楽しい。
何よりもお客さんが喜んでくれたとき、言葉で表現できない喜びと幸せ感でいっぱいだった。
それはお金を貰うこと以上に。
相手も喜び自分も幸せ、これってすばらしい仕事だ。

みっちゅうのタイマッサージの方も好評でみんな喜んくれたようだ。
そのときは夏の始まりで、木陰の下でのマッサージは気持ちが良かったらしい。
太陽と自然が見方してくれた。
その日もたくさんの出会いがあり、いろんな人たちの生き方を知り、ハッピーな一日でした。

そうして日本に帰ってきた私たちの第一歩がスタートしたのでした~。














映画『THE CORPORATION』見てきました。

2005/12/14 Wed

この映画は現代のグローバル企業の問題を扱ったものだ。その問題点を法人としての企業を一人の人として例えたのがとてもユニークでわかりやすい。その結果は次のようなものだ。

□他人への思いやりがない
□人間関係を維持できない
□他人への配慮に無関心
□利益のために嘘を続ける
□罪の意識がない
□社会規範や法に従えない

これは人でいうとサイコパス(精神病質者、反社会性人格障害)というらしい。こんな人がいたら、友達になりたくないし、精神病院行きだろう。しかし、こんな人(企業)が世界の権力を握っているのが現実だということを教えてくれるのがこの映画だ。これはアメリカの企業が中心だが、日本の企業も似たようなものだろうか。多くの人がこの映画を見て、自分の働いてる会社はどうなのか?買い物をしてるその企業はどうなのか?と疑問を持ち、みんなが自分の周りから見直して行けたら、社会はよい方向に変わって行くのではないかと思う。難しいテーマをわかりやすく教えてくれる映画です。是非見に行ってみてください!

                     by みっちゅう

THE CORPORATION

テーマ : ドキュメンタリー映画
ジャンル : 映画

都会で感じること。

2005/12/11 Sun

伊豆大島で免許取るため三週間ほど島生活をしてきた私たちは、久々に生まれ故郷、東京と埼玉に帰ってきて、しばしの都会生活を満喫しています。
脱都会をして約四年目の私たちが、久々に都会に帰ってくるとビックリすることが多い。
都心に行くと360度見渡すかぎり広告や物をたくさん売っているデパートにお店だらけ。なんだかお金を使えと洗脳されているような感じ・・・。都会は消費をガンガン促す街だ。

4年前くらいまでは都会がいやで、早く脱出したいと思っていたけれど、都会生活から離れつつある今はやっと都会を楽しむことができるようになりました。
何でもあるし、便利だし、面白いお店もたくさんあるし。
でも1週間が限界だな。楽しいんだけど、変な疲れ方をしてしまう。
便利さも物が何でもあることも当たり前になってきてしまって、喜びも薄れてきて感覚がマヒしてきてしまうみたいです。

でも都会を楽しむ生き方も良いと思うし、自然の中で暮らしていくのも大変だけど素晴らしい。

それにしても最近はどこに行っても何をしていても、楽しくて仕方がないんだよなあ。
こころの底からジワジワと幸せを感じる日々。
幸せは場所や環境ではなくて、こころの状態なんだなって、最近つくづく感じる今日このごろなのでありま-す♪


コトバをダンスする。

2005/12/10 Sat

200512200948082


20051220094808


友達に誘われてあるイベントに行ってきました。
場所は西荻窪のホビット村。ここは一階が自然食店、二階がオーガニックカフェ、三階はヨガやらチベット、インド哲学などのスピリチュアル、ヒッピー系の怪しげな本の揃う本屋、そしてその奥にあるスペースがホビット村です。
ずっと昔、中央線沿いにはヒッピー系の面白い人たちがたくさん住んでいたようです。でも今は古いアパートどんどん取り壊され、だいぶそういった人たちは減ったみたいなんだけど。
ここホビット村もその時代から続いて今でもヨガ教室やワークショックなどのイベントが行われ個性の強い人たちが集まっているみたいです。

さて、今日行われたイベントのテーマは「コトバをダンスする」。
さっぱりわけのわからないまま来てしまった私たちは一瞬、ひいた・・。
みんな一人ひとり好きな詩を朗読し、その後自分の思うままに踊って自分を表現する。

まさにそこは感性とアートの世界。

人間って本当にどこまでも個性的で不思議要素を持っているのだ。
そこで何も考えないまま来てしまった我々にも番がまわってきてししまいました。ピーンチ・・・!!
私はそういったことが何よりも苦手なので遠慮してまったのですが、みっちゅうはせっかくの機会だから・・とあれやこれやと考えたあげく、意を決してみなさんの前に出て、平和についてスピーチしてました。

そしてその後、踊りではなくヨガのポーズをいくつか披露。テレながらもその濃い顔はインドのヨガ行者を彷彿とさせ、みんなの笑いを誘って、ほのぼのとした良いムードを作っていました。

上手くしゃべれないことは普段マイナスに受けとられるが、ここではただの個性に感じられる。

ここ何年もいろんなところを旅し、いろんな場所に行きたくさんの人と出会ってきたけど、私たちが行く場所は個性的な濃~い人ばかり。
でも共通していることは、自分の好きなことを一生懸命やっている、そしてみんな温かい。

それでもまた新たな人に出会うたびに毎回新鮮な感動を覚える。
人間ってほんとーに面白い!!
人間の感性はどこまでも深く、個性は無限だ。

それにしても毎日刺激的なことの続く日々。

私ら人生誰よりもエンジョイしています♪


ホビット村 http://www.nabra.co.jp/al/hobbit/







プロフィール

しゅるてぃ屋

Author:しゅるてぃ屋
Izumi Murakami

バナーを作成

 * * * * * * * 
世界や日本をいろいろ旅して、南伊豆暮らし4年。
そして2011年に房総半島の真ん中いすみへお引越し。石鹸作りと畑とマクロビオティックの料理の日々。
近くで採れる薬草メインのナチュラルな石鹸作りをしています。
だんなさんのみちゆうはインド占星術師です。

お問い合わせはこちら↓
shurtiya_soap@yahoo.co.jp

カレンダー
10 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
最新記事
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。