スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨガアシュラムでの生活。

2011/05/10 Tue

P4300065.jpg


前回の日記に書いたとおり、ここリシュケシュという場所はガンジス河が目の前に流れ
(源流に近いのでキレイ)、たくさんのヨガアシュラム(修行場)のある場所。

ものすご~~い神聖な空気です。

インドは菜食が多く、場所によっては肉や卵を食べるところもあるのですが
ここシリュケシュは神聖な修行の場、街全体が肉食禁止のベジタリアン天国なのです。


私たちがいたアシュラムは大きくて外国人の受け入れもしている場所。


朝は4時くらいから鐘の鳴る音や、マントラを唱える声が聞こえてきます。
その神聖な朝が何よりも大好きなのです。

そして5時から寺院に集まり、バジャン(ヒンドゥー教の神を讃える内容をもった歌)を歌う。

そのあと、ヨガの時間。 ヨガは朝と夕の2回です。


P5030120.jpg


そのあとごはんです。 インドのごはんすべてスパイスの効いたカレー味です。


P5020096.jpg

朝はチャイと消化のよさそうなスパイスの効いた穀物とフルーツなど。



P5050157.jpg


お昼と夜は、豆スープと二種類くらいのサブジ(野菜のおかず)、手作りヨーグルト、米と全粒粉のチャパティーなどなど。

どれもどびきり美味しいーー!身体がすっきりします。


P4290035.jpg




アシュラム内にあるご神木。ここの近くでぼーっとしたり、インド人とお話するのが楽しみでした。

P5020105.jpg


昼間は暑いので、インド人たちはお昼寝タイム。
インド人みてるとほんと~にのんびりです。

P5020102.jpg


そして夕方からガンジス河の前でアルティという儀式。ヒンディー語で「聖なる光」という意味だそうです。
タブラなどを使って歌ったり、マントラを唱えたり、火の儀式をしたり。
なかなかの迫力です。 


P4300093.jpg


P5050183.jpg

↑ オレンジ色の服を着た髪の毛もしゃもしゃのスワミジ。
 たぶん普通の日本人が見たらアサハラに見えるだろうけれど(笑)、すごいんです。目力がっ!
 このスワミジが登場すると一気に空気がひきまる。 
 

P4270016.jpg


このように安らかで平和な一日が過ぎていくのです。

ヨガや瞑想、神様を称える歌を歌うこと、踊ること、聖典を読むこと、マントラを唱えること
そして清らかな食事をすること。すべてが神聖なものへと向かう道へと通じている。

そういった魂の科学がはるか昔から発展しているインド。

ここのアシュラム滞在で、身体も心も少しづつクリアになっていきました。


スポンサーサイト

コメント

Secret

超おいしそうな、ベジご飯!

どこのアシュラム?

Re: タイトルなし

パルマスニケタンだよ。ラキシマンジュラのアルティやる前の大きなアシュラム。
おすすめです。

プロフィール

しゅるてぃ屋

Author:しゅるてぃ屋
Izumi Murakami

バナーを作成

 * * * * * * * 
世界や日本をいろいろ旅して、南伊豆暮らし4年。
そして2011年に房総半島の真ん中いすみへお引越し。石鹸作りと畑とマクロビオティックの料理の日々。
近くで採れる薬草メインのナチュラルな石鹸作りをしています。
だんなさんのみちゆうはインド占星術師です。

お問い合わせはこちら↓
shurtiya_soap@yahoo.co.jp

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
最新記事
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。