スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダライラマ来日。

2006/11/10 Fri

TB-KZ-36[1].jpg



 「できるだけ他者を助けなさい。

  もしそれができないならば、

  あなたが他者を害することのないように。」



ダライ・ラマが来日していて、両国国技館で講演を行ったので

行って来ました。ものすごい人! 報道陣もいっぱいです。


 ダライ・ラマは世界各地で慈悲と非暴力の教えを説き続けています。


 ダライ・ラマを見ることができたのは今回が2度目。


 一回目は北インドのダラムサラにいたとき。


 ダラムサラはヒマラヤの麓の町で、ダライラマの宮殿があり
ダライラマと一緒に亡命してきたチベット人たちが住んでいます。
 

 私がいった時はちょうどチベットのお祭りがあって
セキュリティーチェックを受け宮殿に入ることができました。

ダライラマが来るまで4時間も待ったんだけど、その間、
ラマたちが待っている人たちにパンとかお菓子とかを
配ってくれました。 

たいていのインド人だったら、お菓子とかの奪い合いに
なっちゃうんだけれど、チベットの人たちはパンを
受け取ったら、自分の分は小さくちぎって、奥にいる人に
食べ物がまわるようにしてくれます。

奥にいた私にもどんどんパンがまわってきて、
外国人の見ず知らずの私を気遣ってくれて
もっと食べろといって、自分の分をわけてくれようとしたり
ちゃんと食べているかと離れている人が気にかけてくれたり。

国のトップが平和主義なだけに、慈悲深い方が多いようです。

その場はとても温かな一体感が生まれてました。


そして長いこと待ってダライラマが出てきたときは
チベット人たちは、立ちひざで両手を合わせて
涙を流してダライラマを拝んでいました。

その姿を見て、私も感動してウルルンときたものです。


中国のチベット侵略によって壮絶な人生を送ったダライ・ラマは
その苦労をみじんも感じさせない、とてつもなくピースフルな
オーラを放っていました。

2259855051[1].jpg


詳しくは自伝を読んでください。


日本にいながらチベットの空気を吸えた良い一日でした。


   ◎   ◎   ◎    ◎     ◎


 ところで・・・全然関係ないんだけれど・・・・

今日豆をいっぱい買いました♪


mame.jpg



インドのムング豆とひよこ豆と緑豆。 計4キロ。

これでインドの豆のすーぷを作ります☆

 インド病が今だに抜けず~。





スポンサーサイト

コメント

Secret

行ったんだねえ。またもや  温かい気を受けたんだア。
思いと行動が 一体化してる いずもん を見習います。
譲り合いと 気をいつも 廻らせているのか 、そういえば ダラムサラでダライラマに会いに行った時も チッベトの方々の譲り合い精神には、感激しました。
また  何か 講演会やイベントあったら 教えて下さい。
ありがとう!

チベットの人たちって、温かいんだね。
ダライラマってよく私は知らないんだけれど、大変な経験をしたからこそ、そんなに優しい人になれたのかな?

私ね、フィリピンに行った時に同じように感じたよ。日本人の私たちはお金がたくさんあって、フィリピンの物価はとっても安く、何でも買えてしまうの。
そんな私たちにまで、彼らの豊富とはいえない食べ物を、どんどん分けてくれるの。
「持っていない人たち」がこれほど、優しくなれるのかと感動しました。

いづもんちゃんが、このまえの記事で書いていたけれど、物やお金ではなく、自分の中から幸せや、豊さ、安定した気持ちって生まれてくるんだよね。
私もいつでも、どこでも、心が幸せな人になりたいです。

おれもいまだにインド病です。
昨日も何気なく入ったインド料理屋でインド人とかたことヒンディー。
インドは不思議な包容力があるんですよね。

また来ますね。

 ◎ プニマ ◎

はい、とっても温かい気を受けましたー。
それよりもちひろちゃんが・・・面白かったよ。
チベット人の衣装着て、ラマを追っかけてました(笑)。
彼女は本物のチベット仏教者だね。

今度一緒にイベントいこうね!


 ◎ usdrive75 ちゃん ◎

途上国に行くとそういうやさしさに出会うことが
あってとても心が温まるよね。

どんな環境でも幸せを感じられるようになりたいね。
私はあまりできないかなあ・・・(笑)。



◎ zunca  さん ◎

あれれ?インドにも行っていたんですか?
インドは中毒症がありますね・・・。
だから私も日本ではできる限りインド系のイベントに
行って、インドの空気を吸って栄養もらってます。

インド料理も何であんなに美味しいんでしょうね~。






チベット人の自分のものを分け与えることのできる心。
いつもなかなかできなくて、私の反省するところなのよ。
物を分け与えることって、私のテーマだわ。
ずーと日記読ませてもらったよ~。すご~くためになったわ。食べ物の事、買い物の基準、本当自分の足元からだね。

私は今回初めて会ったよ~。
とっても遠くから眺めただけなのにあのあったかいオーラはすごく感じられた!すごい!
チベットの人とちゃんと接したことないけど温かい心を持った人達ってのはすごく分かるよ。
私もダラムサラ行ってみたいなぁ。

 ◎ さちこちゃん ◎


途上国を旅していつも体験するのは
日本のようにお金も物も少ない生活だけど
人に分け与えてくれ人が多いんだよね
やっぱりこころが豊かなんだろうなあ

有り余ったものを与えてくれるよりも
ごく少ない貴重なものを与えてもらったときの
喜びって何十倍も大きいよね

旅しているとそんな幸せを現地の人たちから
たくさん与えてもらってましたー

そのときの気持ちを忘れたくないなーと思います



◎ てらちゃん ◎

会場で会えなくて残念!

ダライラマのあったかいオーラはすごいね
あとものすごーくリラックスした人だね

かしこまってないし冗談もいっぱい言うし
なんだかおちゃめなところがステキだよね~


あの人懐っこい笑顔が最高にステキだよね。
時計直したりするのが趣味なんだって?
とっても普通っぽいけど
でも存在は偉大だよね。

 ◎ tanpopo ◎

そうそう、普通っぽいけど
あの神々しいピースフルなオーラは
やっぱり普通じゃないよね

今回は大きなホールだったから
遠くてちっちゃくしか見えなかったけど
インドにいたときは、けっこう近くで見えて
ほんと感動したんだよね


やっぱりいったのねん!
あたしも仕事けっていきたかったなァ~ううゥ

しかし豆豆!
豆あたしもだいすきだよ
今夜我が家は豆カレーよー

◎ りえちゃん ◎

やっぱり行ってたよー。
以前のイベントで見かけたりインド系の人がいっぱいいたよ。

今度りえちゃんの豆カレー食べにいきまーす
おいしそう・・・。

プロフィール

しゅるてぃ屋

Author:しゅるてぃ屋
Izumi Murakami

バナーを作成

 * * * * * * * 
世界や日本をいろいろ旅して、南伊豆暮らし4年。
そして2011年に房総半島の真ん中いすみへお引越し。石鹸作りと畑とマクロビオティックの料理の日々。
近くで採れる薬草メインのナチュラルな石鹸作りをしています。
だんなさんのみちゆうはインド占星術師です。

お問い合わせはこちら↓
shurtiya_soap@yahoo.co.jp

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
最新記事
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。